司法試験予備試験|過去問集を使った確実な勉強方法: 問題集・教科書を読んだだけではすぐ忘れる人のための短答式試験対策




【司法試験予備試験のおすすめ参考書・テキスト(独学勉強法/対策)】も確認する

はじめに

この書籍では司法試験予備試験を勉強するのにおすすめの過去問集とその使い方を紹介いたします。

・何故過去問集を使うのか
・過去問集をどのように使うのか
・過去問集を選ぶうえで重要な要素
・おすすめの過去問集
・まとめ

の順で紹介していきます。

昨今、社会の複雑化に伴い法曹の需要はますます高まり、それにこたえるように司法試験予備試験の出願者数は年々おおむね増加傾向にあります。コロナ禍の中行われた令和2年司法試験予備試験にも、さすがに受験者数は落ち込みましたが、前年を5%以上上回る15,318人が出願したようです。

そんな中、司法試験予備試験は例年5%以下の低い最終合格率を堅持しています。多くの人が合格できない理由は短答式試験だけでも8科目という膨大な出題範囲、錯綜する学説や判例、予備校・教科書・過去問集など数ある勉強方法のどれが向いているのか分からないことなどが考えられます。

私もそれらに悩まされる受験生の1人だったのですが、長い間独学する中で現在手応えを感じる勉強方法を実践できているので、同じように悩む人たちに少しでも参考になるように過去問集を使った勉強方法とおすすめの過去問集をまとめました。同じように独学で勉強されていて、本を読んだだけでは分かったような分からないような、といった不安を抱えている方に特に参考になるような勉強方法を紹介していきます。

この書籍が司法試験予備試験の、特に短答式試験の勉強方法に悩む方々にとって少しでも力になれば、幸いだと考えています。

目次

・はじめに
・何故過去問集を使うのか
・過去問集をどのように使うのか
・過去問集を選ぶうえで重要な要素
・おすすめの過去問集
・まとめ