【おすすめ】勉強用ストップウォッチタイマー – 無音機能、押しやすさ、画面の見やすさからの選び方




勉強用ストップウォッチ

テスト時間の計測や問題を解くスピードを計測、また勉強時間を管理するときは、タイマー・ストップウォッチを使用しますよね。

勉強に欠かせないタイマー・ストップウォッチですが、
「スマホのタイマーを使うとついついいじってしまう」
「音が出るから図書館や自習室では使えない」
このように不便に感じている人も多いのではないでしょうか。

 

ランキングも確認する
出典:各社HP

 

 

そこで今回は、勉強におすすめのタイマー・ストップウォッチを紹介していきたいと思います。

 

dretec ラーニングタイマー・タイムアップ2

 

dretecには学習用タイマーが数種類ありますが、中でもおすすめなのが「ラーニングタイマー・タイムアップ2」です。

商品の特徴
・音量調整機能・消音機能があり、ライト点滅で時間をお知らせ
・カウントアップ機能付きなのでストップウォッチとしても使用可能
・文字盤が見やすく、「START/STOP」ボタンも大きく押しやすい
・最大セット時間が200時間あるので、長時間の試験対策で活躍
・持ち運びに便利なサイズ

セイコー STUDY TIME

「百ます計算」の隂山英男さんが監修した学習用時計で、集中した勉強をサポートする時計です。

商品の特徴
・アラームは光と音の切り替え式
・最大計測時間100分
・目覚まし、ストップウォッチ、カウントダウンタイマーの3つの時間管理機能
・アナログ時計付き

NOA ベンガ君

今回紹介する「ベンガ君」の他に、NOAから発売されている学習専用タイマーには、集団指導時など複数人での使用におすすめの「ベンガ君BIG」があります。

商品の特徴
・音量切り替えボタン・消音機能付き
・「消音」モードでは、液晶画面の点滅で時間をお知らせ
・時計表示への切り替えが可能
・カウントアップ機能
・スタンド付きなので、机に立てて使用できる

ソニック めざせ合格カウントダウンタイマー トキ・サポ 100時間

最後に紹介するのが文具・事務用品メーカーのソニックから発売されたタイマーです。

商品の特徴
・最大計測時間が100時間なので、大学入試・資格試験対策で活躍
・3つの画面
・タイマー画面
・時計画面
・指定日までの残り日数を表示するデイカウント画面
・音・光・振動でのお知らせ
・スタンド付きなので、机に立てて使用できる

 

ストップウォッチを使ってポモドーロテクニック

生産性を向上させる方法の中には、多くの人が作業・勉強とと休憩を交互に行うことが提案されております。その中で最もよく知られているのは、ポモドーロテクニックです。 1980年代の終わりにフランチェスコ・シリロ(Francesco Cirillo)によって開発されましたが、パソコンでの仕事でも、勉強でのインプットなどは効果があります。

適切な休憩を取ることにより、短時間でやることを決めたことに対して集中力を維持し、特定のタスクに集中することができます。次に、やったことととフィードバックに対して自身でできます。
以下が、大まかな流れです。

フランチェスコ・シリロ (著), 斉藤裕一 (翻訳)
出版社 : CCCメディアハウス (2019/3/23) 、出典:出版社HP

 

 

1.  最初のステップは、何をするかを選択することです。パソコンでの仕事で複数の仕事をしようとしていたり、勉強するときもいくつも参考書を開いてしまうような生産性を損なうマルチタスクをせずに、やることを1つだけ選びましょう。

2. ストップウォッチを利用し、25分間セットします。この25分間は、気が散らないように選んだ作業にに集中しましょう。

3. 25分が経過したら、実行した作業の内容を簡単に書き留めます。このメモを取ることで、プロジェクトに費やした時間を測定することができます。

4. 次に、5分間の休憩を取ります。やりたいことをしたり、少しだけネットを見たりしてみます。ここは完全に次の作業に向けた休憩というのを忘れずにいましょう。
休憩が終わったら、もう一度作業を選択して、25分間作業をします。トータルで4回のサイクルを完了します。

5. 4回の作業サイクルのセッションが終えれば、それごとに、より長い休憩を取ります。たとえば、15分または20分です。何かを食べて、散歩に出かけましょう。ここは一気にリフレッシュをとるような形です。

 

目標は、一度に1つの作業に集中し、中断されないようにすることです。作業時間は25分とかなり短いので、ここだけは頑張ろうと思えるでしょう。また作業中でスマホを触るのを防ぐため、タイマーも上記のようなストップウォッチを使うと良いでしょう。

フランチェスコ・シリロ (著), 斉藤裕一 (翻訳)
出版社 : CCCメディアハウス (2019/3/23) 、出典:出版社HP




関連記事