【日経テスト】facebookで一問一答対策ができる! BiZ-Q今週の一問




【スマートニュースAmazonギフト券200円分をプレゼント】

[最新] 日経テスト勉強法・独学対策サイトページ (過去問/予想問題)!も確認する

日経テストの概要

日経TESTとは、日本経済新聞が主催している時事問題に関するテストです。5つの軸、6つのジャンルから合わせて100問出題される形式のテストです。
2018年の時点で、受験者数はおよそ20万人と知名度は高く、およそ500の企業が能力の指標や個人の評価基準として導入をしています。

 

ランキングも確認
出典:出版社HP

 

日経TESTの学習法は?

日経TESTを受験するにあたっておすすめの勉強法を紹介します。

一つ目は、公式の問題集です。
公式が出しているので、効率的に学ぶことができ、また経済のニュースを読むために必要な基本知識なども合わせて学習できます。値段も1600円ほどなので決して高くありません。テストを受けるつもりのない人にとっても学べることがたくさんある教材といえます。

二つ目の勉強方法として、アプリを活用するというものがあります。
このアプリは無料で、自分のスマホにダウンロードして使用することができます。そのため、例えば通勤中やちょっとした空き時間などに気軽に学習することができます。
しかし、そもそもこのアプリは2011年、2012年あたりに出てきたものであり、とても古く、問題が全く更新されていませんでした。2014年、2015年、2016年あたりの時事問題が中心に出題されるため、全く時事的ではありません。

そんな中で活用できるのが、日経TESTの公式Facebookアカウントです。
こちらでは毎週、「今週の一問」と題して時事問題を出題しています。これまでの投稿を遡れば、かなりの数の問題に触れることができます。また、問題と答えだけでなく、丁寧な解説も書かれています。
他にも、毎週水曜日にはBiZ-Qと題してクイズ形式でビジネスに関する問題を投稿しています。ビジネス雑談に最適な内容となっているため、日頃の時事を追うためにも非常に役に立つものとなっています。
このアカウントを登録するだけで自然と時事に強くなることができます。

 

まとめ

今回は、日経テストおすすめの学習を紹介しました。
公式の参考書などはどのサイトでも紹介されているのですが、公式Facebookアカウントについては知らなかった方も多いのではないでしょうか?
気軽に学習ができるという面で非常に使い勝手が良いので、ぜひ日頃の学習に取り入れてみましょう。

 

ランキングも確認
出典:出版社HP