情報セキュリティマネジメント試験のおすすめ通信講座、人気4社を徹底解説!




ここでは、情報セキュリティマネジメントのおすすめの通信講座4社のそれぞれの概要と特徴について紹介していきます。

1.資格の大原

資格の大原は、一発合格主義を掲げている資格スクールです。会計・法律・経営から情報や医療などさまざまな分野の資格の講座を開講しています。また、資格スクールの中でも大手のグループであるため、受講者の信頼が厚いです。

 

大原のコースを確認する



資格の大原は、短時間での効率学習をしたい方にオススメ

 

講座の概要

資格の大原の情報セキュリティマネジメント講座は、上期と下期の2種類の受験対策に分けられています。値段や内容は同じで、開講時期が異なります。

「情報セキュリティマネジメント 総合本コース Web通信」
学習スタイル:Web通信
開講時期:2021年8月~(下期は秋開催予定)
対象者: 学習経験者・独学者・IT学習未経験者
受験年度:2022年上期受験対策
回数:全10回
一般価格:24,400円(税込)
※大原グループの講座(通学・通信)に初めてお申し込みの方は、受講料の他に入学金6,000円(税込)が必要です。

教材は、テキスト・演習ドリル・板書まとめノート・ミニテスト・過去問題集を1冊ずつ、模擬試験が1回分用意されています。

カリキュラムのイメージとしては、IT一般の知識を固めたあとにセキュリティ分野を学習します。その後、午前・午後対策をして、最後に本番の予行演習として模擬試験を1回行います。

講座のメリット

①豊富な教材
テキストや問題集などの教材が非常に充実しています。解説が分かりやすいというだけでなく、試験の出題範囲を網羅しています。戦略的に合格を目指すのではなく、情報セキュリティマネジメントの知識を満遍なく身に付けることができる講座となっています。また、復習にも最適な板書まとめノートも用意されているという点もポイントです。

さらに、ミニテストや模擬試験によって、インプットした知識をしっかりとアウトプットすることができます。

②いつでもどこでも学べる
2021年度の情報セキュリティマネジメント講座はオンラインでの学習スタイルのため、いつでもどこでも学習をすることができます。スマホやタブレットでの視聴も可能なため、忙しくても隙間時間を見つけて勉強することができます。

③質問できる
大原では、個別相談をすることができます。試験内容における疑問点だけでなく、受講や学習の進め方に関する質問なども丁寧なアドバイスや対応をしてもらうことができます。

大原の評判・口コミ

「Web通信や専用アプリで効率よく学習!不明点は質問でしっかり解決!」
職場でICT担当に任命されたことをきっかけにトライすることを決めました。
Web通信で受講しましたが、講義動画が単元ごとに分かれていて学習しやすかったです。
また、専用のアプリを使って動画をダウンロードできるのも便利でした。
分からないところを質問したらすぐに回答を得られたのでとても助かりました。

引用:https://www.o-hara.jp/course/joho/casestudy

大原のコースを確認する



資格の大原は、短時間での効率学習をしたい方にオススメ

 

2.LEC東京リーガルマインド

知識も経験も豊富な元エンジニアが講師を務める、LECの情報セキュリティマネジメント講座となります。

講座の概要

受験形態:通信
受講料:18,700円(Web+スマホ+DL)、20,900円(DVD)
実施回数:全27回(1コマ60分×23回/付録付予想問題1コマ90分×2コマ/過去問演習1コマ90分×2コマ)
使用教材:①「徹底攻略 情報セキュリティマネジメント教科書 令和3年度(インプレス)」②「徹底攻略 情報セキュリティマネジメント過去問題集 令和3年度春期(インプレス)」
※LECでは販売していない、別売り

東京リーガルマインドのコースを確認する



講座のメリット

①比較的費用が安い
情報セキュリティマネジメントの通信講座の相場と比較すると、費用は安いです。手を出しやすい講座ともいえます。

②講義形態を選べる
LECの通信講座には「Web」と「DVD」の2種類の受講形態があります。「Web」では、いつでもどこでも学習することができ、「DVD」では受講期間が過ぎてしまっても再び学習のために視聴することができます。

③反復学習ができる
早聞き機能がついているため、学習を反復そして学習時間を短縮することができます。

東京リーガルマインドのコースを確認する



3.TAC

情報セキュリティマネジメント試験で出題される重点分野と関連分野において、メリハリをつけて効率よく進められるカリキュラムが実現されています。オリジナルテキストとTACの模試問題集をセットにして、試験合格を目指します。

講座の概要

対象者:初学者
回数:[本科生]全11回 [本科生B]全8回
受講料:25,500円
受講形態:オンライン
教材:テキスト1冊、問題集1冊、本試験問題集3冊、実力テスト2冊、午後対策実力テスト1冊、公開模試1冊、議事録

講座のメリット

①倍速機能
講義を倍速に設定して視聴することができるため、学習時間を削減することができます。忙しくても、隙間時間の効率のよい学習のサポートとなります。

②予習・復習がしやすい
講義を繰り返し視聴することができるため、予習としても復習としても利用することができます。苦手分野の繰り返しによって、知識の定着が図れます。

③質問できる
疑問点を解消するために、講師にメールで質問をすることができます。

4.iTEC

自身の学習スタイルに合わせて、学習方法を選ぶことができます。合格テクニック満載の教材を利用して、試験合格へナビゲートしてくれます。基本から応用まで、しっかりとサポートしてくれる講座です。

講座の概要

プラクティスコース
カリキュラム:問題演習中心、参考書の書籍なし、模試は選択
受講費用:12,100~15,400円
対象者:ITの基礎知識は持っている方、再受験の方、苦手分野を中心に学習したい方

スタンダードコース
カリキュラム:基礎からしっかり、書籍、問題演習、模試まで
受講費用:16,500円
対象者:初学者の方、試験合格だけでなく情報セキュリティの知識を身に付けたい方

講座のメリット

①目的に合わせてコースを選べる
iTECではプラクティスコースとスタンダードコースの2種類のコースがあります。苦手を中心に克服したいという方は問題演習が中心のプラクティス、基礎からしっかりと学びたいという方はスタンダードコースを選んで効率よく学習することができます。

②質問ができる
スタンダードコースを受講すると、経験豊富な講師陣に質問をすることができます。疑問点を洗い出せるため、苦手をそのままにせずに次に進めることができます。

③実力チェックができる
過去問演習や模擬試験を通して、インプットした知識の定着を図ることができます。本番前の実力チェックになるため、自分がどの程度の実力を身に付けられたのかの確認になります。

まとめ

本記事では、情報セキュリティマネジメント試験の通信講座4社を紹介しました。

情報セキュリティマネジメント試験の資格取得を目指して、ぜひ通信講座の受講を検討されてみてはいかがでしょうか。