銀行業務検定試験のおすすめ参考書・テキスト(独学勉強法/対策)




【スマートニュースAmazonギフト券200円分をプレゼント】

銀行業務検定試験の概要

銀行業務検定試験とは、銀行・保険・証券など金融業務の従業員を対象とした試験で、実務能力水準の向上を目的としています。受験科目が23系統・38種目と多いので、自らの業務に必要な資格をピンポイントで受験することができます。また受験資格が設定されていないので、就職活動を控えた学生も受検することができます。

最新の銀行業務検定テキストを確認する
Amazon  Rakuten

銀行業務検定試験の公式テキスト

経済法令研究会から科目ごとの公式テキストが発行されています。また、同じく経済法令研究会では問題集も扱っているのでテキストと併せて学習するとより効率よく試験に合格することができます。ここではいくつかの公式テキストをご紹介します。

銀行業務検定試験のおすすめテキスト

1.「公式テキスト 経営支援アドバイザー2級 2019年3月受験用」(経済法令研究会)

本書は、銀行業務検定試験「経営支援アドバイザー2級」の参考図書であり、当該試験の試験範囲を効率的に学習するのに最適です。経営支援全般にわたる内容を網羅的に掲載しています。

2.「公式テキスト 法務2級 18年6月・10月受験用」(経済法令研究会)

『銀行業務検定試験 法務2級』の参考書として出題頻度の高い項目をピックアップし、基本問題を例として問題のポイントを理解しつつ、関連問題にも対応できるように編集してあります。

3.「公式テキスト 投資信託3級 19年3月受験用」(経済法令研究会)

試験問題を解くための必要知識について要点的に解説し、試験合格に向けてのサポート役として活用していただくことを第一義に編集しています。

4.「公式テキスト 税務2級 2019年3月受験用」(経済法令研究会)

試験問題を解くための必要知識について要点的に解説し、試験合格に向けてのサポート役として活用していただくことを第一義に編集しています。

最新の銀行業務検定テキストを確認する
Amazon  Rakuten

この記事に関するタグ: 参考書金融独学テキスト銀行業務検定試験