Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd213/www/jp/r/e/gmoserver/8/8/sd0889388/shikakuhacker.net/wordpress-5.2.2-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/origin_theme/breadcrumbs.php on line 78

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd213/www/jp/r/e/gmoserver/8/8/sd0889388/shikakuhacker.net/wordpress-5.2.2-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/origin_theme/breadcrumbs.php on line 78

2020 第18回〜第27回 徹底攻略! 国家試験過去問題集 はり師きゅう師用




編集委員会/解説執筆者一覽(2019年度)

糸井 マナミ(いとい まなみ)
糸井 恵(いといめぐみ)
井上 基浩(いのうえ もとひろ)
清藤 昌平(きよふじ しょうへい)
斉藤 宗則(さいとう むねのり)
田口 辰樹(たぐち たつき)
田中 健吾(たなか けんご)
林 知也(はやし ともや)
丸茂 栄士郎(まるも えいしろう)
水沼 国男(みずぬま くにお)
宮本 直(みやもとただし)
矢島 道子(やじま みちこ)
渡邉 康晴(わたなべ やすはる)
(五十音順)

時代と共に教材や参考書の中身も高度になり、またたくさんの副読本や問題集なども出版され、ユーザーサイドに立てば、多くの国家試験対策資料が安価に入手でき、恵まれた環境といえるのかもしれない。

しかし、似たような内容ではあっても問題集や参考書がたくさんあるということは、選択に迷い、かつ複数のテキストを購入しても、十分にその機能、目的を発揮しうるかどうか疑問でもある。

本書は、国家試験制度が導入された当初から、一貫して国家試験内容の解答を解説すると共に、国家試験対策用問題集として十分活用しうるような目的を持って編集、出版されてきた。過去に出題された国家試験問題の解説ではあるが、答えを羅列するだけではなく、要領よく設問の意義や狙い、鑑別点などを解説し、繰り返し読み返すことによって、関連する設問の理解も深めることができるよう配慮したものである。

複数の関連問題集やテキストを解くことも一つの学習法であるが、むしろ1冊を徹底的に何度も学習することによって関連問題まで含めて理解を深めるというのが、本書の活用の目的である。

2014年1月に国家試験出題基準が改定され(公益財団法人東洋療法研修試験財団『あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師国家試験出題基準 平成26年版』)、平成27年(第23回)国家試験から適用されている。

本書は、この新しい出題基準に基づき、過去10年間の全問題を各科目の担当執筆者の判断によって『出題基準』の「小項目レベル」で並び替え、収録している。そのため項目ごとに理解を深められるような体裁になっている。
受験生各位が国家試験対策のテキストとして活用いただき、合格の栄誉を獲得されんことを心より期待している。

2019年6月
学校法人明治東洋医学院編集委員会

明治東洋医学院編集委員会 (著)
医道の日本社 (2019/7/19)、出典:出版社HP

この問題集の特徴

●国家試験第18回~第27回に実際に出題された全問題を、明治東洋医学院編集委員会の判断により科目分けし、ページ左段に問題、右段に解答・解説をまとめた。

●さらに、出題傾向や頻度がわかるよう、すべての問題を「国家試験出題基準」*の「小項目レベル」順に並べかえた。ただし、小項目の掲載は省略した。*注意:平成27年(第23回)国家試験から、改定された出題基準「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師国家試験出題基準平成26年版』(公益財団法人東洋療法研修試験財団)が適用されている。本書も同出題基準に準じている。

●出題されていない大項目・中項目は省略した。(例:大項目1の出題がなかった場合、大項目2からスタートしている。中項目も同様。また、途中でも出題されていない項目は掲載を省略した)。

●同じ内容の問題が複数並んだ場合、その中で出題年度順(時系列)とした。

●複数の項目にまたがる問題、あるいはその科目には該当するが、その中のどの項目にも該当しない問題は、担当執筆者の判断により、その項目の末尾におくか、大項目レベル・中項目レベルで各々末尾に「該当項目なし」という項目を設け、まとめた。

●担当執筆者が重要と思われる語句を色字とした。

●各設問の解説は、基本的に公益社団法人東洋療法学校協会監修の教科書の表記にそって記載している。ただし、出題年度によって表記が異なる用語については、設問文に合わせて表記している。

●各設問の正解の欄には、基本的には公益財団法人東洋療法研修試験財団の解答を掲載しているが、担当執筆者の解答が異なっている場合は担当者の解答を記載して、公益財団法人東洋療法研修試験財団が発表した解答も財団解答として併記した。

●解説中に「問題1を参照」とある場合、問題1を指す。

目次


この問題集の特徴

專門基礎科目
医療概論
衛生学・公衆衛生学
関係法規
解剖学
生理学
病理学
臨床医学総論
臨床医学各論
リハビリテーション医学

專門科目
東洋医学概論
經絡穴概論
東洋医学臨床論
はり理論
きゅう理論

明治東洋医学院編集委員会 (著)
医道の日本社 (2019/7/19)、出典:出版社HP