1、2級造園技能検定対策 のおすすめ参考書・テキスト(独学勉強法/対策)




1、2級造園技能検定対策 造園実技の基本

まえがき

近年,造園関連の事業量増大の傾向はいちじるしく,しかも近代的な施設・設備が導入されたり,デザインが複雑化してくると,それを施工・管理する技術向上が急務です。この情勢のなかで生まれたのが,職業訓練法にもとづく造園技能検定制度です。

昭和56年度4月より官庁営繕工事において,1級技能士の現場常駐制度の試行が始まりましたが,今後は制度化され、義務化されると思います。有資格者は一年でも早く取得されることを奨めます。

さて,技能検定には学科試験と実技試験とがありますが,この本は「実技試験の傾向と対策」をまとめたものです。実技試験のうち作業試験の課題は前もって公示されます。公示された課題から,まず作業図を読み取り,仕様を詳細に検討し,何回か試作してみてください。その折,この本が読者の方々のお役に立てば幸いです。

平成15年11月
著者

小沢 重徳 (著)
理工図書; 新版 (2004/4/1)、出典:出版社HP

目次

造園技能検定制度と受検手続き

1. 実技試験(1,2級)受検の心得
1.1 作業課題の傾向
1.2 試験時間には標準時間と打切り時間がある
1.3 どんなところが採点されるのか

2. 1級実技試験の課題対策
1級造園実技試験(作業試験)問題
2.1 作業課題の検討
2.1.1 作業課題をしっかりと頭に入れる
2.1.2 ていねいに作業課題図を読み取る
区画 竹垣 つくばい 飛び石 延段 景石及び植栽自由配置
2.1.3 仕様の解釈
竹垣 つくばい、飛び石、延段の敷設 景石及び植栽自由配置発生土
2.1.4 持参する材料
2.1.5 持参してよい工具についての注意
2.2 課題の製作手順
2.2.1 作業前の準備
作業区画の抽選 持参工具を確認しよう 支給材料を点検しよう
作業上の注意をよく聞こう 作業プログラムを作成しよう
2.2.2 遺形つくり
2.2.3 建仁寺垣の制作
柱の埋め込み 竹の使い分けとシュロ縄の準備 胴縁の取り付け作業 立て子のかきつけ 押し縁と玉縁の取り付け
2.2.4 つくばいの敷設
水ばちを据える 役石を敷設する 海の底の整えと水門石 かけひを立てる 植栽
2.2.5 飛び石を敷設する
2.2.6 延段を敷設する
2.2.7 景石及び植栽自由配置
作庭のプロセス 情景のイメージングとデザイン 石の据え方 配植のポイント
2.2.8 総仕上げと後始末

3. 2級実技試験の課題対策
2級造園実技試験(作業試験)問題
3.1 作業課題の検討
3.1.1 作業課題をしっかりと頭に入れる
3.1.2 ていねいに作業課題図を読み取る
区画 四つ目垣 敷石 飛び石 縁石 植栽 支柱
3.1.3 仕様の解釈のしかた
四つ目垣 縁石, 飛び石及び敷石 支柱 低木植栽
3.1.4 支給される材料はどんなものか
3.1.5 持参してもよい工具についての注意
3.2 課題の製作手順
3.2.1 作業前の準備
作業区画の抽選 持参工具,支給材料を点検しよう 作業上の注意をよく聞こう 作業プログラムを作成しよう
3.2.2 四つ目垣の製作
柱の建て込み 竹の使い分けの検討 胴縁の取り付け方 立て子の建て込み
3.2.3 縁石の敷設
コンクリート縁石の敷設 自然石を使った縁石の敷設
3.2.4 敷石と飛び石の敷設
3.2.5 支柱を建てる
3.2.6 総仕上げと後始末

4. 1,2級要素試験問題

小沢 重徳 (著)
理工図書; 新版 (2004/4/1)、出典:出版社HP

造園技能検定制度と受検手続き

技能検定制度は職業訓練法にもとづく国家検定制度で,造園部門は昭和48年度に新たに設けられ,現在にいたっています。

この制度は,造園工事を行う者の技能ならびに地位の向上を目的とするもので,近年,大規模化し複雑化していく造園工事の施工に対し期待するところの大きい制度です。

この技能検定は,厚生労働大臣の委任をうけて都道府県知事が行うものです。そして窓口業務は,知事からの委託をうけた県協会(職業能力開発協会等)が実施することになっています。受検に関する詳細な問い合せは,都道府県技能検定協会(表1参照)に連絡するとよいでしょう。

(1) 検定区分と検定方法
検定職種は「造園」,試験科目は「造園工事作業」で,検定区分は1級,2級,3級,単1等級とに分かれており,技能検定は各級とも学科試験及び実技試験(作業試験と要素試験)により行うことになっています。

技能検定に合格した者には,1級,単1等級の場合は厚生労働大臣名2級,3級の場合は知事名で,合格証書が交付され,職業訓練法にもとづいて技能士の称号が与えられます。

(2) 受検資格及び試験免除
技能検定をうけることのできる資格は,職業訓練歴や学歴のほかに、一定の実務経験が必要です(表2参照)。

なお、実技試験又は学科試験のどちらか一方のみを受検することができます。片方不合格になっても一方の合格資格はそのまま残り,翌年は不合格科目だけうければよいというような試験免除制度があるからです(表3参照)。

表1 都道府県職業能力開発協会一覧

郵便番号 所在地 電話番号
北海道 060-0042 札幌市中央区大通西19 札幌市技能訓練会館内 011(631)2385
青森 030-0122 青森市大字野尻字今田43-1 017(738)5561
岩手 020-0022 盛岡市大通3-2-8 金属工業会館5F 019(654)5427
宮城 981-0916 仙台市青葉区青葉町16-1 022(271)9260
秋田 010-1601 秋田市向浜1-2-1 秋田県総合職業訓練センター内 0188(62)3510
山形 990-2473 山形市松栄2-2-1 0236(44)8562
福島 960-8001 福島市天神町6-6 024(536)3531
茨城 310-0801 水戸市桜川2-2-35 茨城県産業会館12 029(221)8647
栃木 321-0905 宇都宮市平出工業団地48-4 栃木県立県央高等産業技術学校内 028(662)7177
群馬 372-0801 伊勢崎市宮子町1211-1 0270(23)7761
埼玉 336-0002 浦和市北浦和5-6-5 埼玉県浦和地方庁舎5 048(829)2801
千葉 261-0026 千葉市美浜区幕張西4-1-10 千葉県テクノピラミッド内 043(296)1150
東京 102-0072 千代田区飯田橋3-10-3 シニアワーク東京7F 03(5211)2353
神奈川 231-0026 横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ6F 045(633)5419
新潟 950-0965 新潟市新光町15-2 新潟県公社総合ビル4 025(283)2155
富山 930-0002 富山市新富町2-4-22 富山県商工会館内 0764(32)9883
石川 920-0862 金沢市芳斉1-15-15 076(262)9026
福井 910-0005 福井市大手2-9-10 福井県電気ビル内 0776(27)6350
山梨 400-0055 甲府市大津町2130-2 0552(43)4916
長野 380-0872 長野市大字南長野字前冲940-5 県信連電算センター內 026(234)9050
岐阜 502-0841 岐阜市学園町2-33 岐阜県人材開発センター内 058(233)4777
静岡 424-0881 清水市楠160 0543(45)9377
愛知 451-0035 名古屋市西区浅問2-3-14 052(524)2034
三重 514-0004 津市栄町1-954 三重県民サービスセンター4F 059(228)2732
滋賀 520-0865 大津市南5-2-14 077(533)0850
京都 602-8444 京都市上京区今出川通智恵光院西入 京都府職業能力開発支援センター2 075(431)6644
大阪 540-0033 大阪市中央区石町2-5-3 エル・おおさか南館8F 06(6946)2621
兵庫 650-0011 神戸市中央区下山手通6-3-30 兵庫勤労福祉センター1 078(371)2091
奈良 630-8213 奈良市登大路町38-1 奈良県中小企業会館2F 0742(24)4127
和歌山 640-8272 和歌山市砂山南3-3-38 和歌山技能センター内 0734(25)4555
鳥取 680-0845 鳥取市富安2-159 久本ビル5 0857(22)3494
島根 690-0826 松江市学園南1-2-1 くにびきメッセ6F 0852(23)1755
岡山 700-0824 岡山市內山下2-3-10 086(225)1547
広島 730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ5 082(245)4020
山口 753-0083 山口市大字後河原150-1 0839(22)8646
德島 770-8006 徳島市新浜町1-1-7 0886(63)2316
香川 761-8031 高松市郷東町587-1 香川県地域職業訓練センター内 087(882)2854
愛媛 790-0003 松山市三番町4-10-1 愛媛県三番町ビル2 089(941)5885
高知 781-5101 高知市布師田3992-4 0888(46)2300
福岡 813-0044 福岡市東区千早5-2-24 092(671)1238
佐賀 840-0814 佐賀市成章町1-15 0952(24)6408
長崎 851-2107 長崎県西彼杵郡時津町久留里郷1439-31 095(882)1616
熊本 862-0950 熊本市水前寺6-5-19 熊本県住宅供給公社ビル302 096(384)1711
大分 870-1141 大分市大字下宗方字古川1035-1 0975(42)3651
宮崎 889-2155 宮崎市学園木花台西2-4-3 0985(58)1570
鹿児島 892-0823 鹿児島市住吉町15-11 鹿児島県住吉ビル3 099(226)3240
沖縄 900-0036 那覇市西3-14-1 098(862)4278

表2 受験資格
(単位 年)

受検対象者

1

2

3

1等級

2

合格後

3

合格後

3

合格後

実務経験のみ

7

2

4

2

0

0.5

3

高校卒業

6

2

4

0

0

0

1

短大・高専卒業

5

2

4

0

0

0

0

大学卒業

4

2

4

0

0

0

0

専修学校又は

各種学校卒業

(800h以上)

6

2

4

0

0

0

1

(3,200h以上)

4

2

4

0

0

0

0

短期課程の普通職業訓練修了

(700h以上)

6

2

4

0

0

0

1

普通課程の普通

職業訓練修了

(2,800h未満)

6

2

4

0

0

0

1

(2,800h以上)

4

2

4

0

0

0

0

専門課程の高度職業訓練修了

3

1

2

0

0

0

0

応用課程の高度職業訓練修了

1

1

1

0

0

0

0

長期課程の指導員訓練修了

1

1

1

0

0

0

0

職業訓練指導員免許取得

1

1

1

0

0

0

0

※関連学科の職業高校生は3級、2級(3級合格後が条件)ともに、1年を含む在校生の全てが受検可能。ただし、単1等級は受検資格なし。
※関連学科とは造園科、園芸科。

試験免除

(1) 実技試験
イ 前回以前の技能検定実技試験に合格した人は,同一職種(選択実技のある職種について受検した選択に限る),同一等級の実技試験が全部免除されます。
口 技能五輪全国大会各地区予選に参加して技能証を交付された人は同一職種の2級技能検定試験が免除されます(もちろん2級の受検資格があること必要です。)。

(2) 学科試験
イ 前回以前の技能検定学科試験に合格した人は同一職種同一等級の学科試験が全部免除されます。
口 前回以前の技能検定試験に合格した人で,今回別の選択実技のある作業を受検する場合は学科試験が免除されます。
ハ 検定職種に相当する免許職種の職業訓練指導員試験に合格した人,又は職業訓練指導員免許をうけた人は,学科試験が免除されます。
二 1・2級技能士訓練課程を修了した人は,同一職種同一等級の学科試験の全部が免除されます。
ホ 技能照査に合格した人は、2級の学科試験の全部が免除されます(もちろん2級の受検資格があることが必要です。)。

(3) 検定の実施時期
年度により実施時期は異なりますが,例年前期に行われ,詳しい日程は4月上旬に公示されます。この日程は技能検定協会(表2参照)に問い合せてください。

(4) 受検手続きのしかた
受検申請書の請求をし、取得したら,写真,受検手数料をそえて技能検定協会(表2参照)に提出してください。

なお,公示から合格発表までを下記に示しておきます。

実施公示……毎年4月上旬
受検申請書取得……都道府県の技能検定協会にて
受検申請書提出……宛先は申請書に明記されている
実技問題公示……本人に直接送付
実技試験実施……日時は本人に通知あり
学科試験実施……日時は本人に通知あり
合格発表

(5) 造園施工管理技術検定との関係
造園施工管理技術検定は建設法にもとづく技術検定で,国土交通省が実施する検定試験です。一方,技能検定試験は職業訓練法にもとづく技能検定です。したがって両検定はまったく異なるもので,兼ねることはできません。受検しなおさなくてはならないわけです。

造園技能士の資格をもつ者は,造園施工管理技術検定をすぐに受検できる資格があるので、気力のある人は挑戦してみたらよいでしょう。受検手続き(財)全国建設研修センター造園試験課に問い合せてください。

1級造園技能士……造園施工管理技術検定の1級及び2級のどちらかをうけられる。
2級造園技能士……造園施工管理技術検定の2級だけをうけられる。

小沢 重徳 (著)
理工図書; 新版 (2004/4/1)、出典:出版社HP