品質管理検定(QC検定)は転職活動で有利になる?




【スマートニュースAmazonギフト券200円分をプレゼント】

品質管理検定(QC検定)とは

最新の品質管理検定(QC検定)転職書籍を確認する
Amazon  Rakuten

品質管理検定(QC検定)は、日本規格協会が実施する品質管理の知識を問う検定です。
日本企業では、優れた製品とサービスを作成するために、社内で品質管理(QC)活動が行われています。
従業員のモチベーション、リーダーのリーダーシップ、組織構造など、品質管理には多くの側面が組み合わされていますが、最も基本的なのは、個々の従業員の品質管理に関する認識、品質管理の能力と知識です。

品質管理検定(QC検定)は、どのような作業が行われているか、その作業の品質管理、および改善を行うレベルについての観点から4つの階級に分けられます。

1級/準1級 品質管理部門や技術部門のスタッフなど、社内の全体的な品質管理の知識を必要とする作業に携わる人
2級 QC 7つのツールなどを使用して品質関連の問題の解決をすることができることが求められる人、小グループ活動などで主導的な役割を果たし、改善活動を主導できることが求められる人
3級 QC 7ツールなどの個々の方法を理解している人、小グループ活動でメンバーとして活動している人、大学生、高専生、工業高等学校生
4級 将来就労予定の人、派遣会社に登録されている派遣社員、大学生、高専生、高校生など

品質管理検定(QC検定)は転職に有利か

品質管理業務は実践を通じて理解していくため部分が大きいので、企業は経験が浅い場合でも採用する傾向があります。
品質管理検定(QC検定)は、経験のない人でも、知識があることをアピールするために使用できる材料にすることができます。
ある程度の実践的なスキルを持つ人は、経験のない人よりも需要があるので、転職することで収入が大幅に増加する可能性があります。
また、海外展開や買収を通じてグローバルに展開する企業の数が増加するにつれて、グローバルな視点から品質管理業務を行うことがますます重要になっています。そのため、言語能力があり、海外の担当者や従業員と一緒に品質管理を行える人材がますます必要になっています。
言語スキルやその他の資格を取得することにより、さまざまな分野でのキャリアを向上させることができます。
就職または転職のための品質管理認証(QC認証)を取得することは、有利な資格です。

最新の品質管理検定(QC検定)転職書籍を確認する
Amazon  Rakuten