ウォール街のランダム・ウォーカーの批判は何か?




『ウォール街のランダム・ウォーカー』は、株式投資をテーマにした本の中で、最も有名なもののひとつです。投資家であれば、読んだことがある方も多いでしょう。なぜ、これほどまでに、この本が評価されているのかと言えば、インデックスファンドへの投資の有効性を的確に読者に示しているためです。

本のページ数は多く、全ての内容に目を通すことは大変ですが、本のエッセンス自体はわかりやすく、投資の手法も実行もしやすいことは明らかです。さらに、本書の考え方が社会的に広まったため、本書と似た内容で、より誰にでもわかるように編集された書籍が出版されるようになりました。

続きを確認する – Capital Port【批判】ウォール街のランダム・ウォーカーの批判は何か?  (引用: Capital Port -https://capitalport.jp/ )

関連記事